教育活動

課題研究

平成30年度宮城県高等学校理数科課題研究発表会

平成30年度宮城県高等学校理数科課題研究発表会

 

1 日  時 平成31年3月15日(金)12:50~16:00

2 会  場 仙台市若林区文化センター

3 参加生徒 多賀城高等学校  災害科学科生徒(1,2年生)
       宮城第一高等学校 理数科生徒(1,2年生)
       仙台向山高等学校 理数科生徒(1,2年生)
       仙台第三高等学校 理数科生徒(1,2年生)

4 発表題(本校生徒によるもの)
  地学分野 「蔵王山における溶岩流の広がり」
災害科学科2年 阿部竜生,川名啓介,佐瀬翼,佐藤麗奈,嶺岸寿紀
  地学分野 「津波シミュレーションプログラムから街づくりを考察」
災害科学科2年 大庭侑,菊地祐吾,久保田蓮,飯田琉希也

5 講  師 東北福祉大学 特任教授 庭野 道夫 氏
       東北工業大学   教授 大沼 正寛 氏

6 内容・評価
 県内の理数科設置校4校が一堂に会して行われる成果発表会である。各校2テーマずつ,合計8テーマを口頭発表する中で,本校は地学分野における2つの発表を行った。いずれも,災害分野において自ら発見した課題を調査・実験し,データをまとめ,被害想定やスケールを考慮した値の校正など,オリジナリティーのある研究発表であった。今後も検証を重ねることで,より実効的な災害をテーマとした研究として,皆に深く印象付けるものになるであろう。また,発表後の質疑応答では,質問者が研究の趣旨に鋭く切り込み,研究の展望に対して意見するなど,発表した生徒をより一層刺激するものであった。

7 生徒感想
■松浦 翼(1年7組 東豊中出身)
私たちは3月15日の理数科課題研究発表会に参加してきました。この発表会には,宮城県の理数科の高校が集まり,宮城第一高校や,仙台向山高校,仙台第三高校が参加していました。
今回私たち1年生は発表を聞くだけだったのですが,たくさんの発表を聞き,それぞれの課題をグループ毎の視点から考察しており,どのグループも探究心が凄く,発表の内容の濃さに驚愕しました。また,発表後には質疑の時間がありました。たくさんの人が積極的に手を上げて質問し,中には発表に対して提案をする人もおり,生徒同士でより良い発表を作ろうという意識を肌で感じることができました。
今回の発表会で得たものはたくさんありました。この得たものを来年の理数科課題研究発表会や,他の発表会などに活かしたいと思います。

■菊地 祐吾(2年7組多賀城第二中出身)
 今回の理数科発表会では,他校で行われているたくさんの課題研究を知ることができました。そこでは,自分では思いつかないような研究が多くあり,新たな考え方を学ぶことができました。また,研究の一つ一つがテーマ設定から結論まで無理なく一連の流れとして導き出されており,とても驚きました。
 今回の発表会では,自分も発表者の立場で参加し,私たちの研究である「津波シミュレーションプログラムから街づくりを考察」を発表しました。そこでたくさんの質問をいただき,自分たちの研究に足りないものに気づく機会となりました。この様な機会はなかなか無いことなので,この経験を大切にして,今後も継続して研究に励みたいと思います。

 

 

☆第6回全国海洋教育サミット 課題研究発表の様子☆

☆第6回全国海洋教育サミット 課題研究発表の様子☆

 

 2月9日土曜日に東京大学安田講堂で行われました,

 第6回全国海洋教育サミットに本校の災害科学科2期生が参加してきました。

 先日,本校内で行われた課題研究の発表会とは一転して,外部の方の前での発表となったので発表した生徒たちはとても緊張をした様子でした。これからの課題研究の進め方の課題や発表の仕方において課題を見つけたようでした。一方で,自分の発表以外の時間帯には他団体の発表を聞き積極的に質問するなど有意義だった様子でした。

 

 

生徒の感想

・今回サミットに参加して,自分の力を上手く出せなかったように感じた。発表の際の説明不足が原因で,聴きにきてくださった方々が内容を理解しきれていない様子であった。要点を上手くかいつまみ,より分かりやすくする必要がある。(2年7組 嶺岸叶人)

・発表をするにあたって質問されることを予測してその答えを準備しておけばスムーズに受け答えできたのではないかと感じた。また発表を聞きにきてくれる人が少なかったことからタイトルをとっつきやすいものにする工夫も必要だと思った。(2年7組 飯田琉希也)

 

 

災害科学科1年生特別授業 および教員研修会の報告

1月10日(木),本校大講義棟(iRis Hall)において,NHK放送文化研究所 メディア研究部 主任研究員 山口 勝 氏をお呼びし,災害科学科1年生「社会と災害」「自然科学と災害B」特別授業を行っていただきました。

NHKの8K映像を活用した「命を守る」という視点での防災・減災の在り方や考え方について探究することができ,また,身近な「ネタ」を見つけるところ,あるいは些細な疑問から研究が始まるという事を学び,課題研究における研究テーマ設定の大きなヒントを得ることができました。

その後の教員研修会では,山口氏より,「研究テーマをどう見つけ探究するか」~アジェンダセッティングと事実を繋ぐということ~ という演題の講演をいただきました。新学習指導要領における総合的な探究の時間の目的や指導のポイント,他校の優れた研究事例の紹介,生徒をAO入試に対応させる為の指導の在り方等について多くのヒントを得ることができ,SSH事業校として,課題研究の指導に対する本校教員の大きな指導力向上に繋げることができました。御教示いただいたことを,今後の教育活動に活かしていきたいと考えております。

山口様,どうもありがとうございました。

国際協働型プロジェクト学習の様子

さる12月4日,国際協働型プロジェクト学習始動として,本校災害科学科の2年生とインドネシアにあるサンタローレンシア校とでZoom(モニターを利用したアプリ)を用いた文化交流授業を行いました。回線の関係でコミュニケーションが上手くとれないところもありましたが,iPadでミラーリングをしたり画像を提示したりすることで乗り越えることができました。

 

参加した生徒の感想

・聞こえづらくところもあったが,インドネシアの人たちの英語の能力の高さに驚いた。自分たちも頑張らないといけないと感じた。

・スピーチでは緊張してしまったが,反応が優しくて救われた。画像や動画を用いているときのリアクションが良い印象を受けたので,積極的に用いていきたい。

・こちら側の映像や音声がちゃんと伝わっているな,と感じました。発表をしているときに笑ってくれたり,手を振ってくれたりして嬉しかったです。

特別授業及び課題研究推進報告会の御案内

平成31年1月10日(木)14:00~16:50

NHK放送文化研究所より 山口勝 氏 をお招きし,本校大講義棟(iRis Hall)において,災害科学科1年7組の生徒を対象とした特別授業および,教員を対象とした課題研究推進報告会を開催致します。

年始御多用のところと存じますが,下記の要項を御覧の上,御参加いただければと御案内申し上げます。

下記の参加申し込み用紙で申込みをお願いします。

 

2019.1.10 要項・参加申込書.pdf