教育活動

ボランティア活動

北海道胆振東部地震で被災した学校へ義援金を届けてきました

第2回考査終了後の9月21日から24日にかけて,本校災害科学科3年生石川智也君・船木武郎君が北海道へ渡道し,北海道室蘭栄高等学校・北海道厚真高等学校の二校を訪問しました。

9月6日の地震直後から本校では募金活動を行い,そこで集まった義援金を両校に直接手渡してきました。

 

 

学校訪問とともに今回の地震で大きな被害を受けた札幌市内・厚真町・むかわ町の被災現場を視察し,液状化の厳しい現実とともに,厚真町の被災地における火山灰土がもたらした崩落現場をドローンで空撮し,自然災害の猛威を学びました。

 

 

石川智也(西山中出身)

災害科学科代表として、これまでもいくつかの災害の現場に訪れたことがあります。今回の地震の被災地を見てこれまでと異なる点は、被害の状況が非常に局地的であるということです。今回の訪問で北海道のいくつかの場所を訪れましたが、厚真町の被害が特に甚大で、目の前の光景に圧倒されてしまいました、土砂崩れ以外にも、液状化現象における地盤沈下などの被害もあり、被害がとても深刻なのですが、その被害は一部地域でのものでした。しかし、被害地域の狭さゆえに報道が軽視されていると言わざるを得ないと思います。

現地に行って被害状況を視察することができた私たちが、今回の経験をこれからの防災・減災に活かすための伝承を行っていきたいと思います。

 

船木武郎(仙台一中出身)

札幌市内の液状化による被災,そして厚真町やむかわ町の被災現場を視察し,その厳しい現状に私は言葉をつなぐことができませんでした。土砂災害の厳しい現実を受け止め,いかに防災・減災につなげていくか,防災の重要性を改めて感じる視察でした。今回の経験をこれからの防災・減災に活かすべく,伝承活動に力を入れていきたいと思いました。

西日本豪雨災害支援 募金活動

 平成30年6月28日から7月8日頃にかけて発生した西日本豪雨により、被災地では死者が219人に上り、また依然として21人が安否不明になっているという甚大な被害が確認されました。
 これらの状況を受け、災害支援のための募金活動を多賀城駅、下馬駅、塩釜駅において合計4日間行いました。

  

 今回は1年生が中心として募金活動を行いました。非常に暑い一週間ではありましたが、募金をお願いする生徒の声に、多くの寄付が集まりました。

 

軽音楽部 家庭部 ボランティア有志 七ヶ浜菖蒲田浜海水浴場1000人BEACHCLEAN参加

 7月8日、七ヶ浜観光協会などの共催での菖蒲田浜海水浴場の海開きに向けた1000人BEACH CLEANが行われ、本校軽音楽部、家庭部、ボランティア有志が参加しました。当日は時折霧雨が舞うあいにくの空模様でしたが、子ども達が安心して走り回れるビーチを目指し、石拾いや清掃を行いました。
 また、8日の午後と9日には、軽音楽部が観光協会の方々と共に砂浜の露店の組み立て作業など海開きの準備を手伝いました。家庭部は、ビーチで提供する地元のカフェとの共作メニューを試作しました。
 8月4日のSEVEN BEACH FESTIVALに向け、今年も軽音楽部・家庭部は頑張っています!当日はぜひ菖蒲田浜に遊びに来てください!


8日の1000人BEACHCLEAN開会式。1015人の方が集まりました。


9日には青空も見えました!


8日の作業を終えた軽音楽部と家庭部。


漁具が絡まり動けなくなってしまったカメを助けました!

第44回こどもまつりボランティア

 5月19日(土)多賀城市鶴ヶ谷児童館の「第44回こどもまつり」が開催され、本校のボランティア参加者22名がまつりの運営や準備・片付けで活躍しました。

  ボランティアに参加して(報告者 : 3年7組 大場有紗)
日時:平成30年5月19日(土)8:30~13:00
場所:多賀城市鶴ヶ谷児童館および貞山高校グランド
内容:祭りの準備、運営、片付けの手伝い
報告:今回このボランティアに本校生徒22人が参加しました。このボランティアは多賀城の様々なボランティアをしている団体の方々や児童館の職員の方々と一緒に活動をしました。来場者数はボランティアをして下さった方々を加え700名以上が来て下さり、お祭りはおおいに盛り上がりました。私たちは様々なブースに分かれて運営のお手伝いをしました。私が参加した工作ブースでは手作りのうちわを未就学児や小学生と一緒に絵を描いたり、シールを貼ったりして作りました。作っている時に色んな話をしてくれたり、一緒に作業したり子どもとのコミュニケーションがたくさん取ることの出来たいい機会でした。ボランティアをすることで自分が通っている高校周辺の子ども達や地域の人たちと交流でき、一緒に楽しさを味わう事が出来て本当に良かったです。また来年の祭りも多賀城高校が協力していければいいと思います。

復興住宅の高齢者宅でお掃除ボランティアをしました

 12月2日(土)と3日(日)、ボランティアの課題研究チームが多賀城市の鶴ヶ谷復興住宅(多賀城市鶴ヶ谷公営住宅)で一人暮らしの高齢者宅に伺いお掃除ボランティアを行いました。
 清掃活動を行ったのは、1年の赤間さくらさん、梅津千聖さん、菅野綾香さん、櫻井陽菜さん、石川彩乃さん、佐藤鈴さんの6名ので、主に窓拭きなどを行いました。約1ヶ月前から「お掃除お手伝いします」といったチラシを配布し、準備を進め、10軒のお宅から希望があり、12月9日(土)と10日(日)も合わせ計4日間活動しました。
 窓拭きをしてもらった住民の方からは「明日お客さんが来るので助かりました」「大きな窓は手が届かないから助かりました」「また来年もお願いしたいです」などといった言葉をかけていただきました。
 参加した生徒達は、高齢者の方々にとっては、仮設住宅から復興住宅に移ったこれからが、最も支援が必要になるということを、身にしみて感じていました。