多高の予定(特別授業等)

多高の予定(特別授業等)

今後の予定(2018年7月12日 現在)

つくば研修

7/12~14の3日間、災害科学科1年と普通科1年の希望者が「つくば研修」を実施します。これはSSHスキルアップ研修として行うもので自然科学・災害科学の最先端研究についての見学や実習を行い,知見を深め,社会貢献の方法やデータ活用の方法などを学ぶことを目的に行われるものです。産業技術研究所(地質標本館)・防災科学技術研究所・宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センター・筑波実験植物園などにおける実習が予定されています。


「水難安全教室」(くらしと安全A)
 7/20の3・4校時,本校プールにおいて災害科学科2年生を対象に,特別授業「水難安全教室」が行われます。これは宮城海上保安部潜水士の方々を講師にお招きして,水難時の対処などについての体験活動を通した講話や対処法を学ぶものです。


高知県高校生防災交流活動
 7/30,高知県(15校)の高校生30名と先生方が本校を訪問し,本校の生徒会の生徒たちと交流します。これは,高知県在住の高校生が,被災地東北を訪れ,ESDを軸とする防災教育に取り組む本校生徒との交流を通して防災教育を行うものです。まち歩きやワークショップを実施する予定です。

今後の予定(2018年6月8日 現在)

6/20 ハーバード大学 ゴードン博士 来校


6/22 JAXA 宇宙食
 6/22の5・6校時に本校において、宇宙開発の意義と国際宇宙ステーションにおける生活について理解するため,宇宙食と地上食の食べ比べを通じて味覚における意見交換(グループディスカッション)を行います。また,宇宙食における栄養補給の重要性と宇宙日本食認定のための基準について理解します。
 詳しくはこちら(実施要項)をご覧ください。(pdfが開きます)


6/25 避難所運営(くらしと安全A)
 6/25の3・4校時に本校において、避難所設営について,実際の災害を想定しながら図上シミユレーションを行うことにより,運営方法や体制を学びます。
 詳しくはこちら(実施要項)をご覧ください。(pdfが開きます)


6/25 シカゴ レンテック高校生徒来校


6/25~27 釧路湿原実習
 6/25~27の期間、北海道を代表する自然環境の一つである釧路湿原において野外実習を行います。この実習は北海道室釧路湖陵高等学校がSSH地域巡検として位置付けているものであり,環境の保全を目的とした環境調査の手法を学び,環境科学における科学的な探究手法を研修するとともに,生物多様性を育む自然環境を科学的に理解することを目的としています。
 詳しくはこちら(実施要項)をご覧ください。(pdfが開きます)


6/29 ハワイ大学マノア校来校
 6月29日(金)ハワイ大学教育学部マノア校から12名(予定)の学生・大学院生・教職員が来校します。本校生徒1学年コミュニケーション英語Ⅰの授業に参加し、交際交流を実施します。ICTを活用しながら交流・発表を予定しています。