行事

その他の行事等 平成30年度

祝 卒業!

第41回卒業式が行われました!

 平成31年3月1日(金)、卒業証書授与式が挙行されました。おだやかな春の日差しの中、多くのご来賓、保護者のみなさま方に見守られながら、普通科231名、そして、災害科学科の1期生である33名、計264名が本校を巣立っていきました。

 

     【送辞】在校生代表 2年7組 宇佐美 直輝君

 


                      

 

       【答辞】 3年2組 小畑友哉君

 

                         

                       

             【卒業生退場】   

 

税に関する講座

平成30年度 1学年 シチズンシップ教育

 

1月10日(木)に,シチズンシップ教育の一環として「税に関する講座」が行われました。今回は風張宏美税理士事務所の風張宏美税理士より税金の使われ方、税の種類、国の財政、確定申告書の内容などについて講義をしていただきました。

 普段の生活では気がつかないものの,教育や震災復興など,私たちの生活に関わるところで税金が活用されていることを知ることができました。また,確定申告書の書き方を通して,実際の収入金額と課税対象となる収入との違いなど詳しく教えていただきました。

 

 【本校生徒の感想】

○ これから大人になると様々な税金を支払うことになるので,今のうちから勉強しておくべきだと思いました。東日本大震災の復興のための税金もあると初めて聞き,このような税金はもっと有効に活用するべきだなと思いました。

○ 日本に約50の税金があることを知り驚きました。また教育費については,自分が思っているよりも国の負担が大きな金額だったので感謝しなければいけないなと思いました。

○ 消費税が年々上がっていることに対して,みんな反対の声を上げていて,自分も何であげる必要があるのかなと思っていましたが,日本が借金をしていながら,社会保障の支出が多いことを知り,消費税が上がってしまうことは必然なのだなと思いました。国に税金を納めることは自分に対する社会保障費を支払っていることなのだなと考えるようになりました。

○ 以前,増税のニュースを見たときに,なぜ今までよりも多くの税金を納めなければならないのだろうかと疑問に思うことがあった。しかし,今回の講演で税金がなければ不自由な生活になってしまうことが分かった。最近は少子高齢化が進行していて,国民一人あたりの負担が大きくなっているので税金を無駄にしてしまうことのないよう,対策をしなければならないと思う。

「選挙制度に関する講座」 地歴公民科

 平成30年12月13日(木),シチズンシップ教育の一環として,2年生を対象に「選挙制度に関する講座」を開催しました。今回は,東北大学大学院情報科学研究科准教授の河村和徳先生に来校していただき,政治に参加することの重要性について,アニメやロールプレイングゲームなどを例に挙げながら,具体的に大変わかりやすく説明していただきました。また,最後に宮城県選挙管理委員会事務局の吉野輝信先生から,投票の仕方や選挙運動における注意事項等について説明していただき,選挙権年齢が18歳に引き下げられて来年には選挙権を持つことになる現2年生にとって,政治や選挙に対する意識も一層高まりました。

 

 

 

≪生徒の感想≫

 これまで政治や選挙についてきちんと考える場がなかったこともあり,それほど興味を持っていたわけではありませんでした。今回の講話を聞いて,自分たちにとってはもう他人事ではないのだということを再認識しました。自分の考えている「当たり前」と社会の「当たり前」には少しのズレがあることを忘れずに,社会に関わっていこうと思います。 (2年女子) 

 今回の講義は,選挙のことだけではなく,世の中の仕組みについてもお話しいただきました。私は,選挙に行ってみたいなと思います。先進国の日本で生活できているから,選挙・政治はどうでもよいと思う人もいるかもしれないですが,とりあえず行って政治に参加することが大事だと分かりました。これからも,世の中のことを考えながら生活していきたいです。 (2年男子)  

 私も来年から選挙権が得られて選挙に参加できますが,今の私では政治のことが何も分からず,どう選挙に参加したら良いか不安でしかありませんでした。そんな中で,このような講座を聞いて,さまざまな例も考えながら,政治を理解できて安心しました。政治は,自分の将来に大きく関わっていくことが分かったので,さらに政治のことについて学ばなければならないと思いました。 (2年女子)

トレーニング講習会が行われました!

12月15日(土)に「平成30年度トレーニング講習会」が行われました。

この講習会は、トレーニングの基礎について正しい知識と方法を知り、今後さらに効果的な練習を行うための一助とすることを目的として、毎年実施されているものになります。

 講師には、山形大学地域教育文化学部や仙台白百合女子大学において非常勤講師を勤めている沼田 尚 氏に来ていただきました。

通称“ハーレー”と呼ばれる体幹トレーニングを説明する沼田先生。

短い時間でしたが様々な“体幹トレーニング”を学び、生徒たちはスポーツに対する新しい視点に気づいた様子でした。

「ソーシャルビジネスアイディアプレゼンテーション」に参加しました

 11月17日、品川女子学院において、「第8回ソーシャルビジネスアイディアプレゼンテーション」が開催され、本校生徒1年生5名が参加しました。音楽家の小林武史氏による基調講演のあと、ポスターセッションを行いました。沢山の聴衆者を前にして、堂々と発表することができました。その後、参加高校生による、プレゼンテーションを参観しました。発表の内容が大変高度で、秀逸なものばかりだったため、本校生徒も大きな刺激を受けて帰ってきました。