ブログ

SSH

第9回 高校生バイオサミット in 鶴岡

第9回 高校生バイオサミット in 鶴岡

 

1 目 的  日頃取り組んだ研究の成果を発表するとともに,大学教員や県外高校生との意見交換を通して,科学的   

      思考力や課題発見力,課題解決力,プレゼンテーション能力の向上を図る。

2 主 催  高校生バイオサミット実行委員会(慶應義塾大学先端生命科学研究所,山形県,鶴岡市)

3 日 時  2019年7月29日(月)~7月31日(水) 2泊3日

4 会 場  鶴岡市先端研究産業支援センター(鶴岡メタボロームキャンパス)

5 発表題・参加者
  「宮城県多賀城高校Bursa.バスターズ ~多賀城高校の松枯れの原因を探る PART2~」
  〈科学部〉3名(普通科1年1名,普通科2年1名,普通科3年1名)

6 実施内容・評価
 本校科学部から1テーマ3名でバイオサミットに参加した。事前の一次審査(書類審査)を通過した75テーマ,のべ200名を超える生徒が集まる生物部門のみの科学発表大会である。日頃の研究の成果を,1回のポスター発表が4分間という短い制限の中,本校生徒は適切に発表を行った。残念ながら決勝に進出することはできなかったが,審査員から直接コメントをいただいたり,他校生から意見をいただいたりすることで,今後の研究における新たな課題を見つけることができたようである。学校の枠を外して混成された部屋割りやラボ見学など,生徒間交流が自然と生まれるプログラムとなっていたことも,参加生徒にとって大変有意義なものであった。

7 生徒感想・研修の様子
▇普通科1年 堀内芽依(東仙台中出身)
私たち多賀城高校SS科学部は,校内の松くい虫被害について発表しました。その中で私は,アカマツ林の被害の様子やマツノザイセンチュウの動画をiPadを用いて紹介し,発表を補助しました。
残念ながら決勝に進むことはできませんでしたが,審査員の方々からの評価やアドバイスを参考にし,今後の研究をより良いものにしていきたいです。
ラボツアーにも参加しましたが,普段入ることのできない研究室を見学でき,貴重な時間を過ごすことができました。生命科学に関する最新の研究を間近で見ることができて,とても興味深かったです。
今回の経験を踏まえて,これまでの研究の一歩先を目指して,科学部みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います。

▇普通科3年 船山遥斗(塩竈三中 出身)
今回の発表は4分という限られた時間内での発表だったので,調整が難しかったです。結果は二次予選敗退という形で終わってしまいましたが,審査員によるアドバイスの中で「失敗はするかもしれないけれど,飛躍的なアイデアがあるとより良い発表になる」と言われた時,基本に忠実な研究ではなく,今の私たちにしかできない発想に基づいた研究が大切であるということを学びました。
これからは後輩への引き継ぎがメインの活動となりますが,自ら得た経験をこれからの進路だけではなく,将来にも役立てていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2019

1 目 的
 体験型科学イベント『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ』に参加することで,「“科学”って,そもそもなんだろう?」というテーマに沿って,自分たちで体験型プログラムを考え,企画し,実施することで, 科学や技術に関する,各人各様の感じ方から自己と対象との関係性を可視化・再構築することを目指す。また,来場者への応対を通して,科学的思考力や課題発見力,課題解決力,プレゼンテーション能力の向上を図る。

2 主 催  特定非営利活動法人 natural science

3 日 時  2019年7月14日(日) 9:00~16:00

4 会 場  東北大学川内北キャンパス 講義棟

5 参加者  科学部18名

6 実施内容・評価
 会場となる東北大学川内北キャンパス講義棟では109のプログラムが参加し,当日は10,000人を超える来場者を数え,今年も大盛況であった。本校からは科学部が参加し,「地面の下で起こることを知ろう!~災害の脅威~」をテーマに,災害の原因や仕組み,そして災害への対策に関する講座を開設した。
 来場者は子どもから大人まで多様であり,災害の仕組みの説明では二様の対応をする必要があり,生徒は大いに苦労していた。しかし,来場した小さな女の子が竜巻発生装置の前から10分以上動かずに,説明を聞いたり回転するミストに手をかざしたりするなど,大いに好奇心をくすぐり,液状化現象の解説では,詳しい説明を求める大人と意見を交わすなど,対応した生徒も大いに刺激を受けるものであった。

7 生徒感想・研修の様子
■普通科1年 金須 友吾(高崎中出身)
 サイエンスデイでは様々な科学技術の展示を見ることができたので,とても楽しい科学イベントでした。その中で僕たち科学部は,竜巻の発生,汚水の浄化,液状化現象,避難持ち出し袋,避難時の行動を問う○×クイズの5つの発表を行いました。私は液状化現象の展示を担当しましたが,小さな子ども達を対象に発表するということだったので,子どもに伝わるようにするためにはどうすれば良いのかとても悩みました。その時に先輩からのアドバイスがあり,上手に伝えることができるようになりました。
 今回の体験を通して,液状化現象のメカニズムに関する知識だけではなく,その対策まで教えることが大切だと思いました。今後は,展示の仕方や発表の仕方などにおける課題を修正しながら,今後の部活動に取り組んでいきたいと思います。

■普通科2年 伊勢 太一(高崎中出身)
 私は,今回で二度目の参加となるサイエンスデイに挑みました。今回は去年ほどの緊張はありませんでしたが,去年は緊張からお客さんに上手に説明することができませんでした。失敗してもいい,とにかく積極的にお客さんに話しかけていこうという思いで行っていた去年とは違い,今年は2年生に進級して後輩が入部してきたこともあり,去年自分が一年を通して学んできた発表の仕方やコツを後輩に教えたりしながら,大勢のお客さんの前で発表することができました。
 今回のサイエンスデイでは,去年とは全く異なるテーマでの展示に,お客さんの反応がどうなるのかと少し不安もある中で行いましたが,お客さんの表情から,全員に楽しんでいただけたと思います。来年は,今回のサイエンスデイよりもさらにお客さんに楽しんでいただけるような展示にするため,多くの知識や考え方を吸収し,日々頑張っていきたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSHスキルアップ研修Ⅱ「関東研修」

令和元年度 SSHスキルアップ研修Ⅱ「関東研修」

1 日 時  令和元年7月11日(木)~7月12日(金)

2 訪問先  令和元年7月11日(木)
          東京湾第三海堡
          国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)
       令和元年7月12日(金)
          ペリー公園,ペリー記念館
          国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所(PARI)
          横浜まち歩き「関東大震災を歩く~山手・山下コース~」

3 参加者  2学年の災害科学科全員(24名)

4 対応者  東京湾第三海堡
         NPO法人アクションおっぱま 理事長 昌子 佳江 氏
       国立研究開発法人海洋研究開発機構
         海洋科学技術戦略部 広報課 調査役 中條 秀彦 氏
       ペリー公園,ペリー記念館
         所長 三富 有希 氏
       国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾空港技術研究所
         管理調整・防災部 企画調整・防災課 課長補佐 増門 孝一 氏
       横浜まち歩き
         NPO法人横浜シティガイド協会 理事 山岡 進 氏 

5 実施内容・評価
 各施設を訪問することで,自然科学・災害科学の最先端研究に関する知見を深めることができた。また,実験装置や研究手法について研究者から直接学ぶことで,「課題研究」や「自然科学と災害」をはじめとした日頃の学習のヒントを得ることができた。特にJAMSTECとPARIにおいては,大型実験装置から得られるデータの活用や,生徒が取り組む課題研究への具体のアドバイスなど,この研修で得られた効果は少なくなかった。また,東日本大震災との関連付けを行った説明を加えたことで,生徒の学習により深みが出た。
 研修の最後に実施した「横浜まち歩き」では,関東大震災の被害状況やその後の復興の経過を聞くことで,被災地である東北地方における復興とその後の街づくりについて,より具体的なイメージを持つことができ,さらには震災伝承の大切さについても学んだ。

6 生徒感想・研修の様子
■災害科学科2年 大堀 楓河(塩竈一中出身)
 私たち災害科学科2年生は,関東研修で国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)や国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所 港湾航空技術研究所(PARI)などの研究施設を訪れ,最先端の科学研究や技術について学んできました。また,東京湾第三海堡の見学や横浜まち歩きを通じて,関東大震災で受けた当時の被害状況やその後の街づくりについて,知見を深めることができました。今回の研修を通して,災害へのさらなる理解や課題研究への活用など,研究者や講師の方々から学んだことをこれからの学習に活かし,さらには,新しい知識や技能を身に付ける“学ぶ姿勢”を忘れずに生活していきたいと思います。

■災害科学科2年 小田切 亮(蒲町中出身)
 災害科学科2年生24名で関東研修に行ってきました。一番印象に残っているのは,国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)です。JAMSTECでは7隻の船を所有しており,今回はその中の1隻である最新鋭の「かいめい」に乗船することができました。さらには,有人潜水調査船「しんかい6500」の実物大模型に乗り込んだり,無人探査艇の保守点検の現場も見ることができました。日本の海底調査やロボット開発の技術がとても素晴らしく,ここに足を運ばなければ学べなかった調査技術の実際を学ぶことができ,充実した時間を過ごすことができました。
 この2日間を通じて,関東研修ならではの学びを多く体験することができました。ここで学んだ驚きや発見をこれからの学習に活かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSH共同研究「釧路湿原巡検」

 

令和元年度 SSH共同研究「釧路湿原巡検」

1 主  催 北海道釧路湖陵高等学校

2 日  程 令和元年6月25日(火) 移動日
       令和元年6月26日(水) 達古武湖森林再生事業地
                   夢が丘木道及び展望台
       令和元年6月27日(木) 恩根内ビジターセンター
                   環境省釧路湿原野生生物保護センター・猛禽類医学研究所

3 参加生徒 災害科学科1学年 3名

4 対応者 北海道釧路湖陵高等学校 教諭 渡邊 理実 氏
           同      教諭 宮澤 宜法 氏
      釧路自然環境事務所・釧路湿原自然保護官事務所 自然保護官 矢部 敦子 氏
      さっぽろ自然調査館 渡辺 展之 氏

5 実施内容・評価
(1)達古武湖森林再生事業地におけるフィールドワーク(沢班:水生生物)
   夢が丘木道および展望台におけるフィールドワーク
 ラムサール条約に指定されている釧路湿原において,水生生物の採捕とスケールの測定など,湿原環境の保全を目的とした科学的な探究方法を学んだ。さらには,釧路出身の生徒たちが生まれ育った自然環境を科学的に理解し,後世に残すことを目的とした環境教育の機会を与えるものとしており,本校から参加した生徒にとっても,自分たちが住む宮城の自然との共存について考える機会となった。

(2)恩根内ビジターセンターにおけるフィールドワーク
   環境省釧路湿原野生生物保護センター・猛禽類医学研究所における研修
 温根内木道では,ハンノキ林を抜けてヨシ・スゲ湿原に至る行程において,湿原における植生とそこに生息する動物の痕跡を観察した。
 野生生物保護センター及び猛禽類医学研究所では,レッドデータにおいて絶滅危惧Ⅱ類に指定されているオオワシやオジロワシ,絶滅危惧ⅠA類のシマフクロウといった希少種の生息状況や保護活動の具体について学ぶことができた。これらの鳥類の生態調査や保護活動を通じて,少しずつ個体数を増やしてはいるものの,交通事故や感電事故が後を絶たない現状に,生物保護の難しさを生徒たちは直に感じ取ることができた。

6 生徒感想・巡検の様子
■災害科学科1年 池田 孝太(幸町中出身)
 今回の巡検で最も印象的だったのは,釧路湖陵高校の生徒と一緒に行った沢班における調査活動でした。沢を登る際に,周囲に生える植物の種類を事前調査しておくとさらに楽しい活動になったと思いました。
 また,釧路湖陵高校の生徒の方々が積極的にコミュニケーションをとってくださり,とても活動しやすかったです。ありがとうございました。
■災害科学科1年 門脇 孝太朗(宮教大附属中出身)
 今回の巡検を通して,初対面の人たちとコミュニケーションをとることと,課題のとらえ方や解決方法を学びました。
 人の手で環境を守ること,自然との共生とはどの様なことなのか,事前学習や実地での調査を通じて,疑問をさらに深めることができました。今後は課題研究などの学習の中で,今回学んだことを活かしたいと思います。
■災害科学科1年 伊藤 若菜(災害科学科1年,塩竈一中出身)
 3日間の巡検で,当初の目的であった生物の多様性の理解や,環境科学における科学的な研究手法の研修などを達成できたと思います。北海道の雄大な自然に触れ,改めて野生生物の保護や自然環境における生物の多様性を感じました。また,貴重な生物の保護現場を実際に見ることで,保護の難しさと大変さを感じることができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第4回 きて,みて,さわって,たのしめる「環境マルシェ2019」

第4回 きて,みて,さわって,たのしめる「環境マルシェ2019」

1 目 的
 社会で行われている環境への取り組みに触れることで,環境にまつわる現状を知るとともに,高校生ポスター発表に参加し,科学的思考力や課題発見力,課題解決力,プレゼンテーション能力の向上を図る。

2 主 催  尚絅学院大学

3 日 時  令和元年6月23日(日) 10:30~16:00

4 会 場  サンモール一番町商店街アーケード

5 参加者  科学部4名

6 実施内容・発表
 高校生ポスター発表のコーナーでは,本校の他に仙台二華高校,利府高校,柴田農林高校,気仙沼高校が参加し,日頃取り組む環境に関する研究発表を行った。
 発表に携わった生徒は,屋外での発表という異質な空間において,全くの一般者へ研究成果を発表するという貴重な経験を得た。一般者への説明は,普段の発表以上に丁寧かつ分かりやすい表現が必要とされ,参加生徒にとって有益なものであった。

7 生徒感想・研修の様子
■普通科2年 市川 一紀(利府西中出身)
 私たち科学部は,仙台のサンモール一番町を会場に開催された「環境マルシェ」に参加しました。ポスター発表では,以前参加したポスター発表から3ヶ月ほどのブランクがあったことで,上手に伝えられないことも間々ありましたが,興味を持って見て下さる人達に自分たちの取り組んだ研究を丁寧に説明することができました。
 昨年参加した環境マルシェでは,残念ながら受賞できませんでしたが,今年はSDGs賞を獲得することができ,良い結果を残すことができました。今回の発表を新たなスタートとして,今後は研究をさらに発展させ,より良い内容で発表できるよう,熱心に取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つくばScience Edge 2019

 

つくばScience Edge 2019

1 主  催 Science Edge 2019実行委員会

2 日  程 平成31年3月22日(金)…ポスター発表コアタイム,フリータイム
                                           3月24日(土)…オーラルプレゼンテーション,ポスター発表コアタイム,
                                                                            サイエンスワークショップ

3 会  場 つくば国際会議場 〒305-0032 茨城県つくば市竹園2-10-3

4 参加生徒 SS科学部
       災害科学科(1年生)

5 発表題(本校生徒によるポスター発表)
  SS科学部「宮城県多賀城高校Bursa.バスターズPart2」2年 船山遥斗,大澤杏也佳
                       「海藻類による環境評価と環境保全」2年 大江透真,鷄德俊樹 
                       「縦波と横波の速さの違いについて」1年 伊勢太一,石川一紀 
  災害科学科「いのちとくらしを守る災害医療」2年阿部美鈴,渡邉怜那 
                         「震災による植生への影響と環境要因の結びつき」1年 佐藤清華,伊藤凜  
                         「土壌中の窒素化合物濃度測定による津波被災地域の一考察」
                                                                                                           1年佐藤美咲,佐藤紘依 

6 内容・評価
 未来の科学者を目指す中・高生がつくばの地に集い,ノーベル物理学賞受賞者の江崎玲於奈博士をはじめとした日本を代表する科学者達が直接審査・アドバイスを行う,未来の科学者に贈る新しいタイプのコンテストであるScience Edgeに参加した。この体験を通して生徒達は,情報発信力や表現力を養うとともに,多くの発表を目の当たりにしたことで,図表の効果的な配置の仕方やテーマ設定等,探究活動の基礎の多くを学ぶことができた。

7 生徒感想
■1年7組 佐藤 美咲(田子中出身)
  つくばScience Edge2019は,北は北海道から南は沖縄まで,更には海外からの発表者が来る大きな発表会でした。
私はこのような素晴らしい発表会に参加することができ心から嬉しく思うとともに,全国の研究発表のレベルの高さを知りました。
  進級して2年生になったら,全国の方々の研究発表に負けないよう,研究内容で今回指摘された部分をしっかり修正して,次の発表会に繋げて行きたいと思いました。

■2年7組 阿部 美鈴(多賀城中出身)
  つくばscience edgeに参加して,自分たちが一年間掛けて取り組んできた研究内容を研究者の方々に伝えることができ,更には同じ年代である中高生との議論を経ることで,自分たちの研究をより良いものにするための刺激をたくさん得ることができました。これから3年生に進級してからも,より一層内容を掘り下げて研究に取り組みたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成30年度宮城県高等学校理数科課題研究発表会

平成30年度宮城県高等学校理数科課題研究発表会

 

1 日  時 平成31年3月15日(金)12:50~16:00

2 会  場 仙台市若林区文化センター

3 参加生徒 多賀城高等学校  災害科学科生徒(1,2年生)
       宮城第一高等学校 理数科生徒(1,2年生)
       仙台向山高等学校 理数科生徒(1,2年生)
       仙台第三高等学校 理数科生徒(1,2年生)

4 発表題(本校生徒によるもの)
  地学分野 「蔵王山における溶岩流の広がり」
      災害科学科2年 阿部竜生,川名啓介,佐瀬翼,佐藤麗奈,嶺岸寿紀
  地学分野 「津波シミュレーションプログラムから街づくりを考察」
      災害科学科2年 大庭侑,菊地祐吾,久保田蓮,飯田琉希也

5 講  師 東北福祉大学 特任教授 庭野 道夫 氏
       東北工業大学   教授 大沼 正寛 氏

6 内容・評価
 県内の理数科設置校4校が一堂に会して行われる成果発表会である。各校2テーマずつ,合計8テーマを口頭発表する中で,本校は地学分野における2つの発表を行った。いずれも,災害分野において自ら発見した課題を調査・実験し,データをまとめ,被害想定やスケールを考慮した値の校正など,オリジナリティーのある研究発表であった。今後も検証を重ねることで,より実効的な災害をテーマとした研究として,皆に深く印象付けるものになるであろう。また,発表後の質疑応答では,質問者が研究の趣旨に鋭く切り込み,研究の展望に対して意見するなど,発表した生徒をより一層刺激するものであった。

7 生徒感想
■松浦 翼(1年7組 東豊中出身)
私たちは3月15日の理数科課題研究発表会に参加してきました。この発表会には,宮城県の理数科の高校が集まり,宮城第一高校や,仙台向山高校,仙台第三高校が参加していました。
今回私たち1年生は発表を聞くだけだったのですが,たくさんの発表を聞き,それぞれの課題をグループ毎の視点から考察しており,どのグループも探究心が凄く,発表の内容の濃さに驚愕しました。また,発表後には質疑の時間がありました。たくさんの人が積極的に手を上げて質問し,中には発表に対して提案をする人もおり,生徒同士でより良い発表を作ろうという意識を肌で感じることができました。
今回の発表会で得たものはたくさんありました。この得たものを来年の理数科課題研究発表会や,他の発表会などに活かしたいと思います。

■菊地 祐吾(2年7組多賀城第二中出身)
 今回の理数科発表会では,他校で行われているたくさんの課題研究を知ることができました。そこでは,自分では思いつかないような研究が多くあり,新たな考え方を学ぶことができました。また,研究の一つ一つがテーマ設定から結論まで無理なく一連の流れとして導き出されており,とても驚きました。
 今回の発表会では,自分も発表者の立場で参加し,私たちの研究である「津波シミュレーションプログラムから街づくりを考察」を発表しました。そこでたくさんの質問をいただき,自分たちの研究に足りないものに気づく機会となりました。この様な機会はなかなか無いことなので,この経験を大切にして,今後も継続して研究に励みたいと思います。

 

 

「サイエンスキャッスル2018東北大会」に出場しました

■2年6組 船山遥斗(塩竈第三中出身)

 私たちSS科学部は,福島県福島市にあるウィル福島を会場に行われた「サイエンスキャッスル2018東北大会」に参加しました。
 3年間に及ぶ本校のマツ枯れに関する研究成果を,テーマ「宮城県多賀城高校Bursa.バスターズ~多賀城高校のマツ枯れの原因を探る~」と題して口頭発表形式で発表しました。審査員をはじめとした大勢の聴衆を前にしての発表なのでとても緊張しましたが,それでも無事発表を終えることができ,発表後には審査員の方から発表態度についてお褒めの言葉をいただきました。また,質疑応答では大学の先生,企業の研究者の方々からの質問に答えるのが大変でしたが,研究に対するアドバイスもいただくことができました。これまで発表のために練習を重ねてきたこともあり,発表を終えた時にはどっと疲れましたが,それと同時に大きな達成感を得ることができました。
 口頭発表後に行われたポスター発表の部では,参加した中・高校生や多くの研究者からの質問を受け,更に多くの経験を積むことができました。
 結果,口頭発表の部では,「ロート製薬賞」と「優秀賞」を,ポスター発表の部では,「研究奨励賞」をいただくことができ,大変うれしく思います。
 今回の発表や他校生との交流を通して,研究に対する取組姿勢や,独自性のある研究テーマの設定,ポスターの構成の仕方など,多くのことを学ぶことができました。私たちは,これまでの研究を今後も継続・発展させ,これから行われる各種発表会・コンテストにおいて多くの人に評価していただけるよう努力していきたいと思います。

「全国ユース環境活動発表大会 東北地方大会」に出場しました

■2年1組 大澤杏也佳(利府西中出身)

 私たち科学部は,11月11日(日)にKKRホテルPREMIUM(仙台市)を会場に行われた環境省主催「全国ユース環境活動発表大会 東北地方大会」に参加しました。この大会は,高校生が取り組む様々な環境活動に対して,その内容と活動報告書の審査を経て,東北地方予選を通過した東北6県13校が参加する大会です。私たち科学部は,平成28年度から本校の松林の保全活動を柱とした調査・研究活動を継続して行ってきました。その内容を「多賀城高校Bursa.バスターズ~多賀城高校のマツ枯れの原因を探るPART2」と題して口頭発表の形式にまとめ,発表しました。
 当日私はPC操作を担当し,他の2年生2人が口頭での発表を行いました。口頭発表の形式にあまり慣れてはいない私たちでしたが,これまでの活動をスムーズに発表することができました。今回の発表内容には,これまでの調査に加えて松島湾に浮かぶ浦戸諸島野々島のマツ枯れに関する調査内容を盛り込むことで,一歩踏み込んだ内容になったと思います。
 そして,他校の発表を聞くことで,趣向を凝らした発表内容(作品作り)や,地域と連携した環境活動の展開など,私たちの研究活動の参考となるいくつかの発見がありました。東北大会から得た貴重な経験を,これからの研究活動に活かしていきたいと思います。

 

「第71回宮城県高等学校生徒理科研究発表会」に参加しました

 11月7日(火)に宮城野区文化センターを会場に開催された「第71回宮城県高等学校生徒理科研究発表会」に,災害科学科1年の7名(ポスター2題)とSS科学部の10名(ポスター2題)が参加しました。

■伊藤 凜(1年7組 田子中出身)

 私たち災害科学科1年生7名は,9月に実施した浦戸巡検で取り組んだ,土中のアンモニウムイオンの測定(化学分野)と,マツのハイブリッドに関する研究(生物分野)をポスターにまとめて発表しました。研究を進めていく中で,どのようにすれば相手に分かり易く伝えることができるのか試行錯誤を繰り返し,より良いものに近づけるよう努力しました。
 審査員の前でポスター発表するのは今回が初めての経験でしたが,この発表会を通して先生方からの貴重なアドバイスをいただくことができ,自分たちの研究の改善点や,発表への取組など,今後の研究活動に生かすことができる貴重な経験をすることができました。今回学んだことを無駄にしないよう,これからの活動に繋げていきたいと思います。

 

■伊勢 太一(1年3組 高崎中出身)

 私たちが普段取り組む研究については,先輩との混成チームで発表する機会が何度かありました。しかし,今回は学年毎にチームを編成し,2年生は松枯れ(生物分野)をテーマに,1年生は波の性質(物理分野)をテーマに発表会に臨みました。研究を進める中で,先生方,先輩方から助言をいただき,見易さと伝わり易さにこだわり,発表練習を何度も繰り返し,スムーズに説明できるよう準備してきました。しかし,本番では思うように上手く発表することができませんでした。
 審査の結果,1年生チームは一次選考を通過できませんでしたが,2年生が二次選考にコマを進めることができました。
 私たち1年生は,一次選考を通過した発表と自分たちの発表とでは何が違うのかを知るために,選考を通過した発表を全て見て回り,ポスターの見易さだけではなく,発表の際にはポイントを一つ一つ押さえながら丁寧に説明していることに気づきました。私たちは,スムーズに発表しなければという思いに囚われて,聞き手を引きつける伝え方が不足していました。
 今回の発表において審査員の方々から貴重なアドバイスをいただき,今後の研究の発展に向けてさらに頑張っていきたいと思いました。

 

「さかなクンと学ぶ環境講演会」に参加しました

■市川 一紀(1年3組 利府西中出身)

 私たち科学部8名は,11月4日(日)に多賀城市中央公民館を会場に開催された「さかなクンと学ぶ環境講演会」において,開演前の時間を使って来場者に向けた探究ブースを開設しました。この環境イベントは多賀城市が主催するもので,来場した人たちに生き物の営みを観察してもらい,環境保全に関心を持ってもらうために企画されています。
 私たちは,プランクトンを中心とした水生生物を生きたままで観察できるように展示しました。来場者を前に,説明するときに多少苦戦しましたが,子どもたちが目を輝かせながら聞いてくれたので,こちらにとっても良い刺激となりました。
 ブース展示の後には,さかなクンの講演を聞くことができました。宮城県の近海に生息する魚や貝などについて詳しくかつ分かりやすく説明してくださいました。魚の驚くべき生態など,初めて知る情報に,充実した時間を過ごすことができました。
 ブース展示と講演という2つの経験を通して,私は科学(生物学)について大きな関心を持つことができました。この経験を無駄にせず,さらなる発展に結びつけていきたいです。

 

「サイエンスデイin多賀城2018」に参加しました

■伊藤 瑛玲奈(1年6組 東仙台中出身)

 私たち科学部10名と有志参加の4名は,10月21日(日)多賀城市中央公民館を会場に開催された「サイエンスデイin多賀城2018」に参加しました。この催しは,多賀城市中央公民館が主催し,多賀城工場地帯連絡協議会に所属するSONYや理研食品などの企業や機関が中心となって企画しています。
 「サイエンスデイin多賀城」は,多賀城市に在住する主に小学生を対象に,科学の面白さを身近に体験してもらうことで未来の科学者の育成につなげようとする科学イベントです。今年の私たちの展示内容は,今夏開催された「学都仙台・宮城サイエンスデイ2018」における微生物の実物展示をアレンジしたもので,植物・動物プランクトンに加えて,アニサキスなどの寄生中も展示しました。説明の際に言葉を選び,目線を合わせるなどの工夫をすることで,子どもだけではなく保護者の方々にも一緒に観察を楽しんでいただきました。顕微鏡をのぞいた子どもたちの「すごい!」や「もっと見ていたい!」といった反応に,対応した私たちも十分楽しませていただきました。今回のこの経験は,今後かかわるイベントの企画や運営,日ごろの研究などの糧として活かしていきたいと思います。
 最後に,一緒に科学部のブース運営のお手伝いをしてくれた特別参加の4名,そして運営ではなく受付ボランティアとして参加した5名の生徒に感謝いたします。本当にありがとうございました。

 

「第8回高校生バイオサミットin鶴岡」

「第8回高校生バイオサミットin鶴岡」
SS科学部 伊藤瑛玲奈(1年6組 東仙台中出身)

 私たちSS科学部は,7月30日(月)から8月1日(水)までの3日間開催された「第8回高校生バイオサミットin鶴岡」に参加しました。この大会は,生命科学に関係する高校生による研究をポスター発表するものです。私たち科学部は,平成28年から継続研究しているアカマツの松くい虫被害について発表しました。発表の際には,図表や写真を丁寧に解説する他にiPadを使って動画で発表を補助するなど工夫を凝らしました。残念ながら決勝に進むことができませんでしたが,審査員である研究者の先生方からいただいた評価やアドバイスを活かして,今後の研究を深めていきたいと思います。

 今回経験した中で驚いたことは,全国から集まった高校生たちの高度な表現力と内容の深い研究についてです。また,スタッフの案内のもと行われた慶應義塾大学先端生命科学研究所の見学では,遺伝子導入した大腸菌にクモの糸を作らせることに成功したベンチャー企業の技術にも驚かされました。

   SS科学部を代表して4名が参加        ポスター発表の様子

 慶應義塾大学先端生命科学研究所の見学

 

「7つのふしぎとGP(グリーンプラザ)科学基地」に参加

「7つのふしぎとGP(グリーンプラザ)科学基地」に参加して

SS科学部 山下 涼斗(2年4組 利府中出身)

 私たちSS科学部は,8月3日(金)~5日(日)の3日間,東北電力ビルのアクアホールを会場に行われた「7つのふしぎとGP科学基地」に参加しました。このイベントは,幼い子どもたちが科学の楽しさを保護者と一緒に体感し,科学の「ふしぎ」を家族と共有する場を提供するとことが目的です。

 私たちのブースでは地震災害をテーマに,ペットボトルを使った液状化現象の再現実験や,活性炭を使った汚水の浄化実験の2つのプログラムを行いました。幼い子どもたちに難しい内容を分かり易く説明するのは大変なことでしたが,子どもたちはこれまで体験したことのない実験だけあって大いに驚いていました。そしてそれだけではなく,引率した大人たちもびっくりしている様子が多く見られ,科学を通した家族の交流を実感することができ,とてもやり甲斐のあるイベントでした。

       

  ペットボトルで液状化の再現     活性炭を使った汚水の浄化

学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2018

 7月15日(日)に東北大学川内北キャンパスを会場に行われた体験型科学イベント『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2018』にSS科学部の14名がブース参加しました。天候に恵まれた当日は,会場に10,666名の来場者があり,どのブースも人込みで溢れ返っていました。

 本校SS科学部の今年の展示テーマは「微生物探検隊~小さな世界に潜む生き物の謎に迫る~」として,普段耳にするけれども実際にはあまり見ることのない生物であるクマムシやアニサキスなどの生体展示(顕微鏡観察)やポスター発表を行いました。ボルボックスの展示では,その名前を知っている子供がおりびっくりでした。

 

■伊勢 太一(1年3組 高崎中出身)

 今回初めて参加した私たち1年生にとって,大勢の人たちをお迎えするという経験が今までになく,開始直前まで緊張していました。しかし,SS科学部の先輩方や他校の生徒たちが一生懸命説明している姿に影響を受けて,親子連れに積極的に声をかけることができました。

 説明する中で私が一番苦労したことは,子どもたちにも分かるように難しい言葉をかみ砕いて簡単な表現で説明することです。休む間もなく7時間にも及ぶイベントを終えた時には,最後までやりきったという充実感がこみ上げてきました。

 

 今回のイベントにおける展示内容が評価され,SS科学部は2つの賞を受賞しました。そこで,東北大学カタールサイエンスキャンパスホールを会場に行われた「サイエンスデイAWARD2018表彰式」に参列しました。

 

■大澤 杏也佳(2年1組 利府西中出身)

 7月20日(金)に東北大学サイエンスキャンパスホールを会場に,「サイエンスAWARD2018」表彰式が執り行われました。この表彰式は,サイエンスデイに参加したプログラムの中から良いプロセスを選び顕彰するもので,私たちSS科学部は「日本分光学会東北支部長賞」と「仙台高等専門学校名取キャンパス賞」をいただくことができました。

 表彰式では,賞創設者と受賞者がそれぞれ1分間のプレゼンを行いました。SS科学部を代表して参加した私たち3名は,スピーチやパワーポイントの操作などに分かれてプレゼンを行いました。緊張もあり練習のようにうまくはできませんでしたが,発表する他にも他団体のスピーチを聞くことができ,大変有意義なものとなりました。

 

「第3回環境マルシェ」に参加しました

 

■鶏徳 俊樹(2年6組 利府西中出身)

私たち科学部は,尚絅学院大学が主催する第3回環境マルシェ(6月24日(日)開催)において,一昨年から継続研究している多賀城高校の松食い虫被害の状況を発表しました。この環境啓発イベントはサンモール一番町商店街アーケードを会場に行われ,街を行き交う人々が聴講できるイベントとなっています。

一般の人々に向けて発表するということでいつも以上に緊張しましたが,発表の回を重ねるごとに上手に伝えることができ,貴重な体験となりました。また,他校の発表を見ることで,その充実した環境活動と問題へのアプローチの仕方に感心させられました。

今回経験したことを科学部の今後の調査・研究に活かしていきたいと思います。

 

当日の様子

    街行く人に説明しました                    外国からのお客さんにも説明しました

 

「平成30年度東北地区SSHサイエンスコミュニティ研究校発表会」への参加

 平成31年1月24日(木)~25日(金)に日立システムズホール仙台を会場に開催された「平成30年度東北地区SSHサイエンスコミュニティ研究校発表会」に災害科学科2年生が参加しました。このイベントは,東北6県のSSH指定校とScienceを主体として取り組む高校が一堂に会して,日頃の授業や部活動における研究の成果を発表し,発表者との対話を通じて自己や自校のレベルアップにつなげることを目標に開催されました。
 本校から,初日の口頭発表において1題,二日目のポスター発表で2題の研究発表を行いました。この一年間における取組を,スライドや1枚のポスターにまとめて,他校の参加生徒に向けて発信することで,課題研究への多様な取組と表現技法を学ぶ良い機会です。
 本校からの参加は以下の通りです。
《口頭発表》
「浦戸諸島における環境変化と植生の変化~マツ種による総合的な耐性の比較~」
 《ポスター発表》
「災害に強い街づくりへの考察」
「簡易津波発生装置を作る~多賀城から全国へ~」
 その他に,この研究発表会ではポスター発表アピールタイムや生徒間交流会など,研究発表以外の表現機会もあり,参加した生徒は大いに刺激し合いました。


■藤田 千尋(災害科学科2年 中野中出身) 口頭発表参加

 東北地区サイエンスコミュニティ研究校発表会に参加して,研究のレベルの高さに驚いた。テーマは私たちの生活に身近なものだけでなく地域ならではのものもあり,どの研究も内容は難しかったがとても面白く興味が湧くものばかりだった。私は口頭発表を行うのは初めてで緊張していたが,本番では落ち着いて話すことができて良かった。今まで行ってきたポスター発表とは違う緊張感を味わうことができた。
 県内だけでなく県外の発表を聞くことができる機会はなかなかないので,このような貴重な体験ができたことを大変嬉しく思う。

 今回参加して感じたことや考えたこと,学んだことを,これからの学校生活や進路達成に向けて生かしていきたい。


■木下 有優(災害科学科2年 中田中出身) ポスター発表参加

 今回の東北地区サイエンスコミュニティ研究校発表会では,他校の完成度の高い発表を見てきました。発表を通して,本校から参加したどの班も新たな課題が見つかったり,いろんなことを吸収することができたりととても有意義な時間になりました。
 他校の発表において,ポスターのレイアウトや発表形態などのレベルの高さはもちろん,自分達の研究を相手に伝えたいという思いが伝わってきました。今回私たちも精一杯頑張ってきましたが,自分たちの研究が未熟で掘り下げきれていないなと感じさせられました。
 学期末に開催される校内のポスター発表会や東日本大震災メモリアルdayまで時間があるので,それまでに今回新たに見つかった課題をできるだけ改善し,より良い形で今年の研究が終えられるように頑張りたいと思います。

 

「北海道滝川高校SSH道外研修東北コース」への参加

 北海道のSSH指定校である北海道滝川高校の生徒6名が,大崎市の蕪栗沼や伊豆沼での野鳥観察,気仙沼市での海洋実習,南三陸町・多賀城市における防災学習など,多面的に学ぶ環境学習プログラム「SSH道外研修東北コース」のため,1月5日(土)~1月9日(水)の日程で宮城県を訪れました。本校からは有志7名(1年普通科3名,1年災害科学科2名,2年科学部2名)が,1月5日(土)~6日(日)のプログラムに参加しました。
 ラムサール条約に登録されている伊豆沼,蕪栗沼,化女沼沼での自然保護活動に関する講義や,野鳥のねぐら入り,ねぐら立ちの観察といった内容は,参加した生徒にとってとても新鮮な体験となりました。
 2日目の午後には滝川高校とお別れして,唐桑半島ビジターセンター&津波体験館で津波の疑似体験を行い,昨年の11月にオープンしたばかりの「宮城オルレ気仙沼・唐桑コース」にて,東日本大震災の津波によって巨岩が移動した“津波石”の観察や,明治津波の後に作られた“土塁”の観察を行いました。

 

 ■伊藤瑛玲奈(1年6組 東仙台中出身)

 北海道滝川高校の研修に参加させて頂きました。蕪栗沼と化女沼では,スコープをのぞいてオオハクチョウやマガンの生態を観察しました。また,マガンのねぐら入りの観察は人生初の体験でした。真上を集団で飛んで行く様子にとても感動しました。
 夜の交流会では,PowerPointを使ってそれぞれの学校を紹介し合いました。北海道の地名やお菓子,多賀城の史跡など,お互いに知らないことを紹介し合い,とても楽しい時間となりました。
 2日目の朝は,5時半に起床してマガンのねぐら入りを観察しました。とても綺麗な朝焼けの中,空一面にマガンが飛び交う風景にねぐら入り以上の大きな衝撃を受けました。
 この他にも,ドローンの操縦や唐桑半島ビジターセンターでの津波体験など,普段では体験することのできない実習が多く,心に残る巡検となりました。
 この巡検を通して,私たちにとって身近な自然環境に目を向けることができ,渡り鳥の生息地となる沼や湿地の保全について深く考えさせられました。今後も宮城の自然を守るために知識を深めていきたいと思います。

■船山遥斗(2年6組 塩竃第三中出身)
 SSH校との交換実習の一環として,北海道滝川高校の東北巡検に参加しました。伊豆沼は1967年に国の天然記念物に指定され,1985年にはラムサール条約に登録された宮城県有数の観光資源です。化女沼や蕪栗沼では,ガン・カモ類の生態調査やねぐら入り・ねぐら立ちの観察をしました。ねぐら立ちにおいて一斉に飛び立つマガンの羽音は圧巻の光景でした。
 この他にも,2日目には伊豆沼の湖面調査に活用されているドローンの操縦について実際に体験することができました。そして私たちだけで訪れた気仙沼では,津波体験施設や津波石の観察を通して,8年前に発生した東日本大震災の猛威について再考するきっかけとなりました。
 この2日間を通して,環境に対する自治体や保護団体の取組や,野生生物をはじめとした自然の営みについてじっくりと考えることができ,とても有意義な巡検となりました。

* 今回お世話になりました北海道滝川高校は,「SSH道外研修東北コース」の最終日である1月9日(水)の午前中に本校を訪れ,施設見学と災害科学科の授業見学を行った後,防災学習の一環として「多賀城まち歩き」を体験し,最後に震災遺構である仙台市立荒浜小学校を訪れ,学習を深めていきました。

滝川高校の生徒と一緒に(ドローンで撮影)

津波石をバックに

 

 

 

「みやぎサイエンスフェスタ生徒研究発表会」への参加

■2年7組 大江 透真(幸町中出身)
私たち科学部と,災害科学科1年生有志は,12月16日(日)に東北大学青葉山キャンパスを会場に開催された「平成30年度みやぎサイエンスフェスタ生徒研究発表会」に参加しました。
今回,科学部はあまり経験のなかった口頭発表の機会を得て,全国的に問題視されている松枯れに焦点を当てた研究「多賀城高校の松枯れの原因を探る」を発表しました。大勢の参加者を前にした発表であり,緊張することもありましたが,質疑応答では審査員の方々からの質問にきちんと対応することができ,内容的には満足できるものでした。
続くポスター発表では,科学部からは松枯れに関する研究(生物分野)の他に,「縦波と横波の速さの違いについて」(物理分野)の研究発表を行いました。災害科学科1年生においては,「東日本大震災による植生の攪乱と生物の応答2」(生物分野),「土壌中のアンモニウムイオンおよび硝酸イオン濃度の測定」(化学分野),「浦戸諸島と2つの地層について」(地学分野)の3つの研究発表を行いました。松枯れに関するポスター発表では,口頭発表で伝えることができなかった詳細な説明を聞きに来る方もいて,とても良いディスカッションができました。また,この発表会には小学生も複数参加しており,この様に早い段階から研究発表の経験を積んでいることに驚かされました。
 今回参加することによって,口頭発表における聴衆への魅せ方や,ポスターを作成する際の構成の仕方,グラフ・写真の提示の仕方など,多くのことを学ぶことができました。今回の経験を活かして,これからの研究を大いに発展させていきたいと思います。

2018 つくば研修

 7月12日(木)~7月14日(土),2泊3日で,SHHスキルアップ事業「つくば研修」に行ってきました。参加生徒は,災害科学科の生徒全員と,普通科の参加を希望した生徒,合わせて39名での実施となりました。


 詳しくはこちらをご覧ください。

SSH共同研究「釧路湿原巡検」

 

 SSH共同研究「釧路湿原巡検」に参加しました。

■市川 一紀(1年3組 利府西中出身)
 6/25(月)~6/27(水)の日程でSSH共同研究「釧路湿原巡検」に参加しました。北海道釧路湖陵高校が主催する釧路湿原をフィールドにした巡検において,近年環境変化の著しい釧路湿原の自然回復と保全を目的として,野生生物の生息状況調査を行いました。
 多賀城高校から参加した私たち4名は,釧路湖陵高校のグループに加わり,植生の違いにおける昆虫の生息状況調査を行う“昆虫班”と,釧路湿原に生息する水生生物を調査する“沢班”の2つのグループに分かれて調査を行いました。私が参加した“昆虫班”では,トラップで捕獲した在来種に交じって外来種を見つけたことで,環境破壊は自然豊かな釧路湿原にまで及んでいることが分り,大きな驚きを得ました。一方,‟沢班”に参加した友人からの報告では,捕獲した魚類の中に絶滅危惧種がいくつも見つかり,釧路湿原の自然の豊かさに魅了されたと聞きました。
 最終日には,多賀城高校独自の研修として,温根内ビジターセンターと環境省釧路湿原野生生物保護センターを訪れ,釧路湿原の植生の観察と,オオワシやシマフクロウなどの大型猛禽類の保護について学びました。野生生物保護センターでは,観光を目的とする旅行者では見ることのできないシマフクロウのリハビリ施設“フライングケージ”に案内していただきました。
 今回の巡検を通して,普段の学校生活では学ぶことのできない環境調査の手法や,環境の保全と回復について深く学ぶことができました。この経験を,課題研究を含めた今後の学習につなげていきたいと思います。