宮城協働モデルフォーラム

宮城協働モデルフォーラム “宮城協働モデルによる次世代型教育の開発・普及“プロジェクトが2月13日に開かれました。

 宮城教育大学が実施する文部科学省「地(知)の拠点整備事業」による「宮城協働モデルフォーラム」で,本校で取り組んできたICT教育について発表を行いました。
 このフォーラムでは,社会・地域の要請に応える次世代型の教員養成とは何かについて考えるもので,小学校,中学校,特別支援学校から発表がなされました。
 本校では,タブレット端末が貸与されてから,どのように授業が変容していったのかを地理の授業を例に取り上げて発表するとともに,授業での活用や教員の変容などの報告を行いました。
 今後,さらにICT活用教育の推進を宮城教育大学等からの支援を受けながら進めていきます。